プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

通院日でした。・・・運がいいのはいつまで続く?

今日は腎臓内科の通院日。

クレアチニン: 1.77  前回:1.81
BUN: 10  前回:9
尿酸値: 6.1  前回:6.2
たんぱく定性: -  前回: -
尿潜血: ±  前回:±
カリウム: 4.5

横ばいよりホンの少し「マシ」と言ったところです。

担当医も、「これで潜血が(-)になって、クレアチニンが1.5になればなぁ・・・」と言ってましたが、自分では、もうクレアチニンが1.5になることはないだろうと思っています。それよりも、出来るだけ長くクレアチニン1台をキープしたいです。

いつまでこの値を維持できるのか、この病気は予測が難しく、去年数値が悪くなった頃も、特に自覚症状はなかったのです。

IgA腎症の活性度、摂取たんぱく量、血圧、年齢、疲労、感染症など、いろんな要素が腎機能を落とす要因になることは分かっても、どれがどういう形でどれ位の進行度をもたらすかは個人差によると言えます。

低たんぱく食事療法の権威である出浦先生のような方からしたら叱られるような、かなりテキトーな食事療法をやってる一方で、今、この数値を維持できているのは、本当に運がいいと思います。

いつまでこの運が続くのか、それも分からないから検査日が緊張するんですよねぇ~。

でも、取り敢えず、明日から二泊三日の「南三陸」旅行には気兼ねなく行ってこれそうです!ヽ(*´з`*)ノ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント