プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘密保護法」は秘密を守る法律ではなく秘密を濫造する法律

罰則がどうとか、一般人やジャーナリストが訴えられるのがどうのこうの言ってるけど、開示できない秘密を漏洩した罪で訴えられたとして、裁判が成立するのだろうか?

検察官はどんな秘密を漏洩したか具体的に証拠を提出できないし、訴えられた方だって「どの秘密?」と聞きたくなるだろう。

この法律の実効性には、その内容が余りにも曖昧であることから疑いがもたれるだろう。

しかし、この法律によって、官僚と政治家はかなりフリーハンドに秘密指定を行うことができる。

例えその結果、沖縄返還時の密約が、もはやアメリカによって開示されているにもかかわらず、この国では「秘密」として「密約などなかった」と言い張る滑稽さを生んだとしても。

この国の民主主義は何時「Uターン」してしまったのだろう?

みんなそんなに第二次世界大戦前夜に戻りたいのか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。