プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉さん:彼の「脱原発」は「私憤」から出てきた


小泉さんが原発の抱えている問題を理解して、脱原発を唱える発言をしていることは、単純に原発反対の立場から歓迎したい。

しかし、どうも彼は「俺をだました官僚や業界のやつら」に向けられた怒りが脱原発の原動力になっていて、原発立地自治体、原発事故被害者、福島第一原発作業員、小出さんのように原発の危険性や非人間性に警鐘を鳴らす人たちへの共感は見えない。

本当に原発反対なら原発立地自治体での首長選挙の応援をした方がもっと直接的に訴えられるはずなのに、なぜそうしないのか、も彼の憤りが「私」的であり「公」とは一線を引いたところにあることからも想像できる。

結局、彼も二世議員であったことが原因なのだろうが、「脱原発以外はどうでもいい」と言ったことからも、「人生いろいろ、サラリーマンもいろいろ」と同じ思考回路で行動している様子がわかる。

こういう人と「脱原発」と言うシングル・イシューで意気投合しても、きっと話をしたり、一緒に行動しているうちにおかしな関係になってきてしまうだろう。

原発の抱える問題点については小泉さんなんかより、(脱原発とは言えないかもしれないが)自民党の河野太郎の方がずっとまともな活動を昔から展開している。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。