プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院日でした~尿たんぱくはセーフ

昨日(7月22日)は通院日でした。

データは、(( )は前回のデータ)

クレアチニン: 1.73  (1.69) 微増
BUN: 8  11 変動範囲の差
尿酸値: 7.5   7.6 高止まり

尿たんぱく定性: -  (+1) 改善
尿潜血定性: -  (-)

気になっていた足の筋肉痛はだんだんと軽くなってきています。

最近、トラベルクッカーと言う製品を購入し、これで低たんぱく米を炊飯できないか試してみました。

製品によって差はありますけど、なんとかなりそうです。



コンパクトに収納できるし、クッキングシートを使えばアルミ鍋へのこびりつきもなく、比較的きれいに使用できます。

これで、宿泊先の電子レンジを使わせてもらう煩わしさもなくなり、朝食と外出中の昼のおにぎりの分ぐらいは朝用意できることになり、気分的に楽になります。低たんぱく米は同じ食事回数分で比較すると低たんぱくご飯パックよりもだいぶ軽くなります。

栄養士さんとの話の中で、あとどれくらいの期間、透析をしないで済むだろうか、という話になりました。

透析回避のために、ものすごく厳密な食事管理をしている人も、ネットで探せば何人もいます。その方たちは共通して「透析を回避、先延ばしするためには徹底的に食事管理をする」と言う気持ちと同程度に「これだけ努力しているのだから、その効果は必ずある」と言う気持ちがあるように思えます。

僕は主食はでんぷん製品主体にして、朝は生野菜、卵が普通のメニュー、昼は麺類でおかずは余り使わず、夕食に肉などを摂る、と言った「簡易式(?)」食事管理で、軽量も塩分と肉ぐらいしか気にしていません。

お酒も飲むし、時折外食もするし、徹底した食事管理をしている人からするとなんとも手抜きな管理です。出浦先生から見たら「落ちこぼれ」に分類されます。だから、症状が悪化しても文句は言えないのです。

ただ、残された腎機能と残された人生の時間のどちらが長いかは分からないので、今、自分が使える時間をどこまで腎機能保護のために使うのかは、微妙な判断が必要になると思っています。

その状況下では、美味しいものを食べに行きたいし、お酒も飲みたいし、旅にも行きたい。それと腎機能保護を自分なりにバランスが取れれば、と言う身勝手な思いがあります。

それでも、いざ透析が目の前に近づけば、うろたえ、おびえ、後悔をするのが自分なのかな、と言う不安も強いのです。

矛盾ですね。結局、単に意志が弱いだけなのでしょうねぇ。(-_-;)

ちなみに、8月は初旬に長野、月末に北海道を旅行する計画です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。