プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

日本の歴史をもう一度勉強してます

以前FBではちらっとMentionしたのだけど、昨年の夏、通訳案内士を初めて受験しました。

通訳案内士試験概要

翻訳業と言う看板も最近は本当に「看板だけ」になりつつあり、対して長くはないけれど、将来的に何らかの「生業」を残しておくには、割と手頃かな、と思ったことが理由の一つです。

きっかけは、近くの大学の公開講座で受講した英会話教室で、年配の男性がこの資格を取った、と言うのを耳にしたことでした。

昨年はペーパー試験の地理、歴史、一般常識を受験し、地理と一般常識は合格しましたが、歴史が全く駄目でして、今年、もう一度歴史のみ再受験する予定です。これに合格すると冬に行われる英語での面接試験が受けられ、それに合格してやっと通訳案内士の資格が得られます。

今は、歴史の試験対策用教材(テキストおよび講義の録音)を何度かやりつつ、自分で購入した図書や資料を使って、暇なときに(たいていいつも暇なのですが)勉強しています。

自分が高校生のころは、日本の歴史と言っても試験科目の一つ、と言った意味合いが大きく、それほどの興味もなかったのですが、改めて専門家の解説を聞きながら、学びなおしてみると、それはそれは面白いものだと思うようになりました。

信長から家康の時代、明治維新のころ、明治から第二次世界大戦にかけての政治的な流れは特に興味を持ちました。ドラマや小説などで英雄視されたり美化されている歴史上の出来事や人物が、果たしてイメージ通りなのかどうかも再考できる機会でもありました。

その中で、戦争が起こっていく背景には、必ずキーマンと言われる人がいるのだけど、その人が戦争を起こす動機となっている中には「大衆」の存在がある事が見えてきます。

戦争は無謀なリーダーたちが起こすというよりも、戦争を潜在的に望む大衆の「雰囲気」が起こすのではないかと、歴史を学びながら考える最近です。

今年は「歴史」一本なので、多分合格できるとは思うですけど、英語の面接に合格しないと、来年はまたまた「地理」と「一般常識」を受けなおさなけらばならなくなるので、挫折してしまいそうです。いろんな意味で今年が最後の、そしてベスト・チャンスと考えています。
スポンサーサイト

コメント

No title

通訳案内士・・・初めて聞いた資格ですので、ちょっと調べてみました
ふむふむ、合格率は10数%って、こりゃなかなか難しそうですね
けど、何かにチャレンジするその心意気、いやー素晴らしい。

私も数年前、思い立ってふたつの資格試験を受けました
超難関、科挙の試験よりも難しいと言われる試験でしたが、両方とも見事に合格しました
すごいでしょ。

ちなみに漢検2級(高卒程度)
日本史検定2級(同じく高卒程度)

恥ずかしくって、履歴書にも書けやしない・・・。

Re: No title

あんさん、

おはようございます。
お変わりありませんか?


> ちなみに漢検2級(高卒程度)
> 日本史検定2級(同じく高卒程度)

日本史検定2級でしたら、通訳案内士の日本歴史の筆記試験が免除されますよ。(笑)
非公開コメント