プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

都知事選、美味しんぼ騒動、そして報ステに見る日本のリベラルの停滞

先週の金曜日の夜の報道ステーションでの古館氏と古賀氏のやり取りがネットで話題になったことをご存知の方もいるでしょう。ただ、これも主要メディア(テレビ・大手新聞)ではほとんど出ていないかな?(最近テレビのニュースは出来るだけ見ないようにしています。精神衛生上よくないから)

「報道ステーションで古賀茂明がI AM NOT ABE 人道支援?」
https://youtu.be/7F-btC9xlZU

古館氏、古賀氏、それぞれに対する、賛同(?)と批判がツイッターで見られました。その中で、古賀氏の取った行動を批判するコメントに対して否定的、ややもすると攻撃的な意見を出す人が、いわゆる「左翼」と称される人たちから出されているのが目につきました。

僕は「左翼」とか「右翼」とか言う、カテゴリー化は苦手です。むしろ、これまた定義をしづらい言葉ではあるのですが、出来るだけ「リベラル」と言う概念を持って物事を見るようにとの思いを持っています。

「左翼」にも「右翼」にもリベラルが存在しえて、同時に反リベラリズムも存在するでしょう。過去の事象や成り行きにこだわり、共通の目的に向かって協力し合えない日本の「左翼」勢力は、リベラルとは言い難い、と言うのが私の主張でもあります。

報ステの騒動についても「古賀氏への批判=安倍首相や官房長官のメディアへの圧力の是認」と捉える人たちが、所謂「左翼」と言われる人たちの中に見られました。古賀氏やそれに対する古館氏(もともとこの男は好きではないが)の対応に対する批判や同意も自由意志の下に許されるべきであり、それをもって、官邸からの圧力の是認・抵抗とは直接的に関係づけるものではないと感じます。

政治からメディアへの懐柔・圧力が存在することは、大手メディアの幹部がしょっちゅう首相と会食をしたり、記者クラブのような情報アウトレットを大手報道機関が固守する異常な状況から容易に想像できます。

そして、自主規制と言う環境の下で政府側は「圧力をかけた事実はない」と言い張れますし、腰抜けとなった報道機関はそれを否定する力はないということも容易に想像できます。

そういう事実認定が難しいメディア統制に対抗する上で、政府を批判する人たちの中に「我こそが真正左翼なり」と言ったかつての内ゲバ意識があるとすれば、なんと進歩のないことかと感じます。

昨年の都事選における細川陣営と宇都宮陣営の対立や漫画『美味しんぼ』での記述にまつわる対立などを見ていても、本来立ち向かうべき相手を見失い、自分の主張の正当性をひたすら突き通そうとする姿勢が、その対立の中に見え隠れしています。

自分と異なる意見や考え方を持つという理由だけで相手を否定・攻撃する姿勢は少なくともリベラルではないと思います。

まだまだ今の社会を変える動きは出てこないのでしょうね。残念ですが、それこそがこの国の人たちの多くが望んでいることのようなので仕方ありませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント