プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

通訳案内士「歴史」再チャレンジ顛末記(「転倒」記?)

なんでこの資格を目指すことになったかの経緯は省くとして、昨年から目指してきた通訳案内士の歴史の試験を昨日受験してきました。




過去問を参考に様々な資料を読み込んできたので、合格ライン(5割から6割の正答率)は取れるだろうと思っていたのですが、予想に反してと言うか、今年から出題スタイルが大きく変わっていました。

設問が比較的長い文章でその中でキーワードとなる複数の項目に下線が引かれ「正しいものの組み合わせ」、「誤っているものの組み合わせ」、「正しいものすべて」などの問いが数多く含まれていました。

内容も過去の出題内容で見られたものは少なく、過去問をベースに学習をしてきた人は逆に不利になったのではないかと感じました。

5割取れていれば合格の可能性があり、合格すれば12月に英語による逐次訳、英語によるプレゼンの試験が受けられます。

今日からその試験に向けての準備をするつもりだったのですが、昨日の試験が余りにも期待外れの結果になったので、ちょっと気持ちが凹んでいます。解答は既に民間の通訳スクールから公開されているのですが、答え合わせをするかしないかの決心もまだついていない状態です。

今回不合格であれば、昨年合格し、今年は免除になった地理、一般常識も再度受験しなければならなくなり、もう無理かな、と言う気がしてます。

そんなに通訳案内士の資格が欲しいのか?必要なのか?と聞かれれば、それは返答に困る部分もあります。まぁ、多少英語がわかる程度で、翻訳も通訳もスキルに乏しい僕がすがろうとした「権威」に過ぎないのかもしれません。それも含めて考え直す必要があるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント