プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見た映画

60歳になった途端、シニア割引が使える映画を見る機会が増えました。
面白い映画を見たときの興奮は格別だし、面白くない映画もシニア割引のおかげで(?)ガッカリ感も軽減されます。

9月26日に見たのは「ピエロがお前を嘲笑う(ドイツ映画)」でした。(新宿武蔵野館)

英語以外の言語の映画を見るのも久しぶりでした。
字幕が頼りなのですが、僕が座った席からスクリーンを見ると、丁度字幕の出るスクリーン下方に前列に座っている人の頭が丁度かかっていて、同頭を動かしても字幕の中央部分が読めないことに気が付き、仕方なく、席を立って最後部の立ち見スペースで2時間近く立ち見することになりました。

立ち見で映画を見るとか何十年ぶりでしょうか?足が疲れた。

映画の内容は5点満点で3~3.5と言ったところでしょうか?
「どんでん返し」が売りのようですが、ハッカー・ストーリーにこだわらなくても、この筋は可能かな、とも思います。ハッカー・ストーリーであればこそのどんでん返しも作れたかとも。

ハッキングの世界と言うかコミュニティの環境を暗い地下鉄の車内のシーンを使って描写している部分は、すぐにはその意味が分からず(年寄なもので)、少しの間戸惑いました。字幕が読めなかった最初の10分程度の内容もちょっとした理解不足につながったかもしれません。

DVDで見るならお勧めかも。

9月30日には、久しぶりにMihoちゃんと二人で有楽町角川シネマで上映されていた「Dearダニー 君への歌」を観てきました。
カップルで観るにはお勧めできるハートフル・コメディ映画の王道の様な映画です。オープニングに流れる「イマジン」に涙が出そうになりました。
アル・パチーノの演技がとにかく光っていて、それだけでも観る価値があると言ってもいいかもしれません。
個人的にはヒゲ面のアル・パチーノってロバート・ダウニーJrに似てると思いました。

コメディー映画には余り高得点は付けない僕も5点満点で3.5点は固いと思いました。

DVDでも十分楽しめる映画です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。