プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

​ 通訳案内士受験顛末記(1)~全てはステロイドの所為?


先日受験を終えた通訳案内士への挑戦(笑)が今回で一段落したので、およそ2年に及ぶここまでの道のりを簡単に記しておこうと思います。
2013年の4月から開始したステロイドパルス治療はIgA腎症の寛解を目的としたものですが、様々な副作用の中に情緒不安定になりやすい、と言うのがありました。
今になり思い返すと確かにそれまでとは違った行動をとっていた事があるようです。桜の咲いていない角館へ花見旅行したり、南三陸町~女川旅行をしたり、九州を三週間近く旅行をしたりしたのも大なり小なりステロイドの影響下にあったからかもしれませんん。
その影響か、仕事が余りに来なくなった事もあってか、2013年の秋から横浜桐蔭学園大学で開かれていた公開講座を取り始めました。
秋は翻訳講座を取り、ここでかなり自信を無くし(汗)ましたが、年明けからはスピーキングの衰えを補おうと同じ公開講座の上級英会話をとる事にしました。
10数人の受講生の半分位が男性で、皆さん退職後暫く経っている人ばかりで僕は多分男性で最年少だったと思います。女性陣には僕がとてもかなわないレベルの人もいました(やはり女性のコミュニケーション能力は男性より高いと思いました)が、男性陣には僕が目を見張るほど英語の達者な人はいませんでした。
その中の僕よりは年を取った一人の男性がある時、「通訳案内士の資格を取りました」とクラスで表明したのです。二次口述試験の発表が例年2月に行われるので、確かそのころだったと思います。率直に言って僕は心の中で、「へぇ、この程度の英語力で取れる資格なんだ」と思っていました。
翻訳にも正直、自信も展望もなくなりかけていたし、前年に訪れた東北を海外からの訪問者にももっと紹介したいという思い(この思い上がりと言うか、発想がそもそもステロイドの影響なのでしょう)もあり、一つ試してみようかなと思ったのが、2014年の3月でした。
次回は情報収集と一次試験までの経過を書いてみたいと思います。
*通訳案内士の口述試験対策に僕が使った、割とお勧めの本(1)
「CD付日本のことを1分間英語で話してみる」
広瀬直子(著)
(出版社) KADOKAWA
CD付日本のことを1分間英語で話してみる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。