プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい?それとも本来の「ゴジラ」映画?

今、話題になっている「シン・ゴジラ」を見てきました。

感想は面白かったし、よく出来た映画だと思います。少なくとも前回見たアメリカ制作の「Gozella」よりは、優れた映画だと思います。

 子供の頃観ていたゴジラ映画は、いわゆる怪獣プロレスの様なものでしたし、さすがに今となっては、そう言う類のものには興味はわきません。その点、今回のゴジラ映画は、ある程度の大人でないと楽しめないものでしょう。

 監督の庵野さんはエヴァンゲリオン映画で知られている方らしいですが、エヴァンゲリオンを全く知らない僕には未知の存在でした。映画の後、30代くらいのカップルの人が「エヴァだよね〜」と言ってたのが印象的です。

 


メイン・テーマにゴジラを持ってきたのは必然なのか、単にメッセージを運ぶ媒体だったのかは分かりませんが、ゴジラ自体よりも人間、社会、そして政治がメインに置かれていたと感じます。

見方によっては反核であり、また自衛隊礼賛でもあり、反米的でもあり、親米的でもあります。その辺の作りは面白いのでは無いでしょうか。

英会話のCMにでて流暢な英語を披露している石原さとみは、少々映画に不釣合いな位に目立つ存在でした。実際、あんなキレイに文法ばっちしの英語を喋るアメリカ人がいる事自体が不自然。(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。