プロフィール

Taka

Author:Taka
旧ブログ「Infinite Harmonics」から引越してきました。

ギターや日常生活、腎臓機能保存の食事療法(現在の制限は1日あたり、タンパク質30g、塩分6g、カロリー1800kcalです)についての独り言を中心テーマにしています。2012年、IgA腎症と診断され、扁摘パルス治療実施。現在保存期。

拙いギター演奏をYouTubeにて公開してます。

Facebook: https://m.facebook.com/dilbert4216

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

通院日でした~帰国後第一回目

前回の通院日から約3か月。アメリカでの2か月半に及ぶドライブ旅行を終えての最初の検査・診察日でした。

旅行中、暴飲暴食は避け、朝はほぼ毎日炊飯用低たんぱく米を調理して、それなりに気を付けたつもりでしたが、やはり夜になるとビールやらバーボンやらが恋しくなるし、行く先々で食べたいものもいろいろ出てきて、たんぱく質も塩分も通常の値を超える日々だったと思います。キープできたのは体重くらい。

血圧も毎朝計っていましたが、やはり自宅で測るよりも10~20高い値が出ていました。

心配を抱えての検査でしたが、結果的に「変化なし」でした。(^_^;)

検査結果

クレアチニン: 1.57   (1.60から少し改善…誤差範囲ですね) eGFR 36
BUN:11 (低たんぱく食を数日続ければこれくらい低くなるようですね)
尿酸値: 6.5
尿たんぱく定性:  +1 (;_;)  
尿潜血定性: +2   (変化なし)

担当医からは「来年もアメリカ行けますね」と言われたけど、いや、もうそんなにお金ないし…(-_-;)

とりあえず、悪化していなかっただけでも幸いでした。
IgA腎症が再燃しない限り、ある程度の食事管理が出来ていれば急速に腎機能が下がることはないのかな?

出来るだけ今の数値が維持できますように…

通院日~悪化の傾向?(~_~;)

来週からしばらく旅に出るので、昨日は前回の通院から6週間での通院日でした。








クレアチニン: 1.60   (1.54から少し低下) eGFR 36
BUN:12
尿酸値: 6.2 
尿たんぱく定性:  ±   
尿潜血定性: +2   (う~ん!?潜血反応が消えない)

数年前クレアチニンが2を超える悪化をした時も潜血反応が出ていました。IgA腎症のパターンの様でもあります。

寛解しても再発する可能性はあるので、いやな兆候です。

旅に持って行く診断書(英文)ももらいましたが、\8,000とはびっくりポン!やね。

診察後の栄養指導では出浦先生の話も出ました。まだ、余り公にされていないらしいのですが、フォロワーの間でアッと言う間に情報が広がったようです。






次回の検査は3か月後。数値はどうなっているのか正直、心配です。でも、心配しても何かが改善されるわけでもないので、旅の間は出来るだけ無理をしないよう、心がけるつもりです。

出浦先生が亡くなられました

先日、腎不全保存期を低たんぱく食事療法で過ごされた後、人工透析に入られた方のブログで出浦照國先生が亡くなられたのを知りました。

私の高血圧、慢性腎不全が昭和大学藤が丘病院で判明した2009年当時はまだ、そこの腎臓内科で外来の診察を限定的なベースでされていました。私が腎不全の事や、食事療法の事をネットで調べて見つけたブログ主さんも、たまたま先生の患者さんで、高いクレアチニンの値にもかかわらず驚くほど長い保存期を過ごされた男性も、当時、先生の外来患者さんでした。

出浦先生が藤が丘病院に長く勤められていたこともあり、先生の進める低たんぱく食事療法に沿うような毎日のたんぱく摂取量を心がけるようになっていったのは割と自然な流れだったと思います。

そういう流れもあり、手探りで始めた低たんぱく食事療法でしたが、しばらく経って出浦先生の講演会を聞きに行くようになりました。先生を講師にするセミナーは腎照会と言う患者会が開いていて、そこに私も参加することにしたのです。

体重(kg)x0.5=毎日のたんぱく摂取量(g)とする先生のガイドラインは一部の医療関係者・患者さんたちからは名指しで批判されることもありましたし、僕自身、「F(藤が丘)一派」などと揶揄する書き込みを見たこともありました。それでも出浦先生の腎不全保存期患者に対する熱意と献身は突出したものだったと思います。

それでも、自己管理のできている患者さんには、個人差はあるにせよ、腎不全の進行を遅らせ、透析導入を遅らせるケースが多くみられるのも事実であり、その方たちは先生にとても感謝されています。

私が通院の度にお話をする栄養士さんも先生のことをとても慕っておられました。



最近はダメな面が多くなってきた、私の食事療法ですが、家での主食は先生が言われていた「でんぷん製品」を中心にしてきています。

低たんぱく食事療法が効果があるかないかは、コントロールが十分できた調査が無いこともあり、これからも議論を呼ぶのでしょうけれど、僕としては、納得できる範囲で、心の負担、体の負担が許す範囲で続けていこうと思います。

人工透析導入を1年遅らせれば、一人当たり数百万円医療費が減ることを考えれば、もっと多くの人が腎不全の進行を遅らせる治療や生活習慣に関心を持つべきだと思っています。

出浦先生、短い間でしたが、お会いできてとても良かったです。どうぞ、安らかにおやすみくださいませ。

通院日でした~風邪ひいたから?(-_-;)

前回の通院日から何の書き込みもしないまま、また通院日がきてしまいました。

ここ最近の出来事としては…


MihoちゃんとMihoちゃんのご両親と4人で天城高原へ一泊旅行して、


満開が過ぎた河津桜を見に行ったり…


高校時代の旧友とランチしたり…


大学の同級生の設計事務所での飲み会に出たり…


通訳案内士のIDカードが届いたり、と言った事があり、合間合間に家飲みと外飲みが入る、相変わらず生産性のない毎日でした。

ではでは、検査数値の記録です。

クレアチニン: 1.54   (1.49から少し低下) eGFR 37
BUN:10
尿酸値: 6.0 (微減)
尿たんぱく定性:  −    (変わらず)
尿潜血定性: +2   (Ouch!?)

尿潜血が「ドン」と上がりました。(~_~;)
10日ほど前に風邪をひいて熱を出しまして。なかなかよくならず、途中、お酒を飲んだりしたのも災いしたのか、風邪の影響が月をまたいでしまったようです。

クレアチニンもやや悪化。まぁ、この1年の変動範囲ではあるけど…

1年ぶりに骨密度検査を受けて骨粗鬆症のリスク評価をしました。

結果、同年代比96%でした。やや残念ですが、とりあえず骨粗鬆症のリスクは見られないと言う事で薬が一種(2錠)減りました。

僕の担当医はこの病院にかかり始めた2009年から、医師個人の都合や病院組織内の異動とかもあり、現在4人目の医師です。
二人目に当たった若い医師は苦手なタイプでしたが、わずか2回の通院で異動になったこともあり、これまで医師との関係はおおむね良好だったと思います。

ただ、僕のようないつ腎機能の低下スピードが加速するか分からない不安を抱え続ける患者にとって、検査数値を間に挟んで対話する医師だけでなく、栄養士との対話がいろいろ不安の低減に役立ってきたように思えます。

ただ、こういった環境も相手側の都合でいつなくなるか分からないですから、その時の覚悟もしておかなければならないでしょう。

低たんぱく食事療法も、どこまでやったら効果があるとかないとか、実際のところ分からないです。原疾患、既往症、体質など様々なパラメータが複雑に入り混じっているのでしょうから、ある個人、または集団が一定の経過をたどったからと言って、それが慢性腎不全患者一般に適用できるかは疑わしいと思います。だからこそ患者は不安になるのかもしれません。

栄養士さんとの話の中で出浦先生の話も出ました。なかなかセミナーが再開できない状況のようですが、出浦先生のように医師レベルの知識・経験の無い栄養士や患者にも分かるように説明できる医師はなかなかいないそうです。

低たんぱく食事療法に関してはいろいろな意見があり、出浦先生の説に反対される専門家もいますが、出浦先生は自分のポリシーをしっかり持った方だと言うことは事実だと思います。先生の言われていることを実践しているわけではありませんが、先生の活動を継承していかれる医師がもっと多く出てくることを希望しています。

おまけ:eGFRの経過
eGFR201604

通院記録 & 近況など

昨日は今年初めての腎臓内科通院日でした。
結果は以下の通り。
クレアチニン: 1.49   (1.43から少し低下) eGFR 39
BUN:11
尿酸値: 6.2 (微減)
尿たんぱく定性:  −    (変わらず)
尿潜血定性: ±   (変わらず)
クレアチニンは少し下がったけど、eGFRに換算すると1ぐらいの変化なので、変動誤差範囲とも言えます。
尿中血液反応がなかなか消えません。たんぱくが出ていないので、それほどのリスクは感じられないとの医師の判断ですが、ステロイドパルスの予後のベストケースとは言えないです。
次回は4月の初め。次回は骨塩定量検査をして骨粗しょう症のリスク評価をし、もし問題が見つからなければ薬を一種(アルファロール)を減らすことになりました。
通訳案内士の合否発表がいよいよ一週間後に迫りました。感触としては合格していると思うのですが、結果を見るまでは何とも言えません。
通訳案内士の業界団体は20近くあるのですが、その中でも構成メンバーが全て通訳案内士のみと言う「協同組合全日本通訳案内士連盟(JFG)」が先週末に都内両国で開催した「新合格者説明会」に参加してきました。
通訳案内士を取り巻く環境についての講演や現役ガイドの体験談などに加え、合否発表後すぐに開催される「新合格者研修会」の話題が中心でした。成田空港、都内観光スポット、箱根・富士エリア、日光エリアなどを巡りながらの実地研修は2つの週末を使って、計5日間の研修となるそうで、合否発表後ただちに受け付けが始まり、先着順のためすぐに満員になることが多いそうです。
合格後参加するかどうか迷うところではありますが、5日間で5万円は観光地巡りだけをとってみても安いと思うので参加を検討しています。ただ、二月の箱根や日光は寒いだろうなぁ~(-_-;)